難聴の予防にアミノ酸が良い理由

 

 

難聴の予防にアミノ酸が良い理由をチェック!

「耳が聞こえにくい」「相手の話し声が聞こえない」「会話をしていて聞き返すことが多い」と、難聴の症状で悩まされている高齢者は少なくありません。

 

加齢によって耳の機能が衰えて聞き取りにくくなるのが大きな理由で、老化現象である以上は仕方がないですね。

 

しかし、難聴は日常生活で症状を予防することができ、数多くの栄養素の中でもアミノ酸が適しています。

 

アミノ酸の摂取で難聴を完治できるわけではありませんが、なぜ耳のトラブルへと効果を発揮するのか幾つかの理由を見ていきましょう。

 

・アミノ酸は10万種類を超えるタンパク質を構成していて、私たちが生きていくに当たって欠かせない栄養素

・タンパク質の材料として使われるだけではなく、身体のエネルギー源として活用されている

・交感神経と副交感神経の2種類の自律神経が乱れるのを予防できる

・基礎体力や活性力を向上させる働きで健康体のキープに繋がる

 

アミノ酸の中でも、必須アミノ酸に分類される栄養素は私たちの体内で作り出すことができません。

 

食事やサプリメントなど外部から何かしらの形で取り入れなければならず、身体へと補給することで耳鳴りや難聴の症状の緩和に繋がりますよ。

 

以下ではアミノ酸の種類別で身体への効果をまとめていますので、どのように働きかけてくれるのかチェックしておきましょう。

バリン:成長に関与している必須アミノ酸で、体内から不足すると食欲の低下を引き起こす

イソロイシン:BCAAの一つで、筋肉を修復したり肝機能を向上させたりする

ロイシン:筋肉の合成を促して分解を防ぐことにより、筋力のアップへと働きかけてくれる

メチオニン:カルニチンの生合成をサポートしたり肝機能を改善したりする

リジン:小麦や米に含まれるアミノ酸で、身体のあらゆる組織を修復する

フェニルアラニン:ドーパミンやノルアドレナリンなど神経伝達物質の材料となる

トリプトファン:うつ症状の改善に役立つ脳内神経伝達物質のセロトニンを作る

スレオニン:人体の成長を促したり脂肪肝を抑制したりする

ヒスチジン:ヘモグロビンに多く、体内で不足すると貧血の原因となる

アルギニン:一酸化窒素の前駆体となり、精力剤に入っている栄養素として有名

グルタミン:小腸や免疫細胞のエネルギー源となり、健康体を維持する上で必要

グリシン:コラーゲンの材料となったり睡眠の質を高めたりする

全てのアミノ酸が耳の機能と関わっているわけではありませんが、生きていくためには欠かせない存在ですのでバランスに気を配ってきちんと摂取すべきです。


難聴の予防にはアミノ酸やビタミンが多い蜂の子がおすすめ!

難聴の予防や症状の改善を図るに当たり、蜂の子がおすすめです。蜂の子の主成分はアミノ酸で、他にもビタミンやミネラルなど豊富な栄養素が配合されています。

 

栄養素が身体へとバランス良く働きかけることにより、内側から耳鳴りや難聴の症状を和らげてくれるメカニズムですね。

 

岐阜大学医学部附属病院で実施された蜂の子を使った実験によると、次の結果が出ました。

 

・蜂の子による耳鳴りの改善効果と聴力が回復するのかどうか調べた

・一つのグループには蜂の子、もう一方にはプラセボを与えた

・試験の結果、蜂の子を与えたグループだけ耳に引き起こされる苦痛が和らいだと回答する方が多かった

 

医学的に効果が証明されているわけではありませんが、耳の機能に良いのはアミノ酸を中心とする栄養素をたっぷりと摂取できるからではないでしょうか。


美聴泉(びちょうせん)にアミノ酸は入っている?

サプリメントの美聴泉(びちょうせん)の中にも、少量ながらアミノ酸が含まれています。

 

美聴泉(びちょうせん)の原材料として使われているカムカム果汁パウダーはアミノ酸やフラボノイドを含み、聞こえのトラブルを身体の内側から和らげるサポートをしてくれますよ。

 

医薬品のように副作用のリスクは一切ないので、難聴で悩んでいる方は是非一度美聴泉(びちょうせん)を試してみてください。

 

 

>>> 難聴や耳鳴りのトラブルに悩む方はコチラ

 

 

 

 


「難聴の対策」に関するページ