難聴とコンドロイチン

 

 

難聴とコンドロイチンについて

難聴の改善としてコンドロイチンが効果的だと考えられており、グルコサミンと同じように関節や軟骨に良い成分として知られております。

 

コンドロイチンには直接軟骨を作り出すような働きはありませんが、軟骨を分解して水分を保つという重要な役割を担っており、私たちが生きていくために欠かせない存在なのです。

 

関節痛と深く関わっている成分ということで、多くの方は「コンドロイチンと難聴には関係性がないのでは?」と考えるかもしれません。

 

しかし、耳にもコンドロイチンを主成分とする軟骨が存在しており、耳から入ってくる大音量の衝撃を緩和して快適な響きにするという役割があるため、難聴と無関係な成分とは言えないのです。

 

外部からの音の衝撃を緩和する力が弱まれば当然のように耳の機能に刺激が加わり、難聴の症状が悪化するかもしれないので、コンドロイチンは重要な成分なのではないでしょうか。

 

それに加えて、内耳機能を高めるという働きも持っているため、耳鳴りやめまいといった症状で悩む高齢者におすすめです。

 

加齢によって「高音だけが聞き取りにくい」「特定の音だけ聞こえない」という状態に陥りやすくなります。

 

難聴と診断されなくても耳の機能は年齢を重ねることで弱まっていくため、その予防のためにコンドロイチンが含まれたサプリメントなどを摂取してみるべきです。

 

実際に、ゼリア新薬から販売されているコンドロイチンZS錠を服用し、耳鳴りや難聴の症状を和らげようとしている方はいらっしゃいます。

 

コンドロイチンZS錠の中にはコンドロイチン硫酸ナトリウムが配合されており、音を感じる細胞を衝撃から守って力を回復させるようにと促してくれるのです。

 

コンドロイチン硫酸ナトリウムは加齢とともに減少していくため、神経性難聴や音響外傷性難聴で悩まされている方はコンドロイチンZS錠で治療を行うのは一つの選択肢かもしれません。

 

難聴や耳鳴りに効き目があるだけではなく、加齢によって引き起こされやすい関節痛や神経痛、五十肩や腰痛の予防にも繋がるので一石二鳥です。

 

ただし、コンドロイチンZS錠は健康補助食品ではなく医薬品なので、副作用のリスクがあります。

 

それに、本当に今の自分にとって最適な医薬品かどうかは素人では判断できないので、難聴の症状が悪化してきたら自己判断で対処するのではなく病院を受診して専門医に相談してみましょう。

 

サプリメントならばまだしも、医薬品の服用には細心の注意を払わなければならないと心得ておくべきです。

 

 

 

 


「難聴の対策」に関するページ