難聴の対策にクラシックの曲は良い?

 

 

難聴の対策にクラシックの曲は良いの?

難聴の対策や予防としてクラシックの曲が良いと言われており、音楽療法は実際に病院でも実施されています。

 

もちろん、炎症やアレルギーを抑えるステロイド剤や胃酸を抑制するネキシウムカプセル、めまいを改善するアデホスコーワ顆粒など突発性難聴の治療として使われる医薬品のような効果は期待できません。

 

しかし、以下のような理由で難聴の対策としてクラシックの曲が効果的です。

 

・片耳が難聴になると正常な耳ばかりを使って音を聞き取るようになるので脳の働きが低下する

・緩やかな曲調の音楽を流すことで耳に音を正しく認識させようと促せる

・小川のせせらぎや小鳥の囀りなどに含まれる1/fゆらぎがクラシックには含まれており、身体の緊張を解して体温を上昇させられる

・数多くの音楽の中でもクラシックの曲が最も癒し効果がある

 

「クラシックは突発性難聴の治療に効果がある」と研究結果が発表されていて、実験開始から3ヶ月後には86%の患者さんが完治したというデータがあります。

 

若い方にはあまり馴染みがないかもしれませんが、心身ともにリフレッシュするためにクラシック音楽を日常生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。


どんなクラシックの曲が難聴に適している?

クラシック音楽と一口に言っても以下のように様々な種類やジャンルに分かれています。

 

・たくさんの弦楽器や管楽器で演奏される管弦楽曲

・緩やかな楽章で美しい歌を奏でる交響曲(シンフォニー)

・決められた形式はないがオーケストラだけで表現する交響詩

・ピアノやバイオリンで披露する協奏曲(コンチェルト)

 

どれが耳鳴りや難聴に良いのか特に決まっていませんが、中でもモーツァルトの名曲は脳内にアルファ波が出てリラックス状態になれるようです。

 

モーツァルト療法と呼ばれるCDアルバムが存在するくらいですし、ストレスが引き金となって難聴の症状を悪化させているケースは少なくありません。

 

自分の好きなジャンルで良いので、癒しの音楽をゆっくりと聴く時間を作ってみてください。


音楽療法に合わせてサプリメントの摂取も効果的

難聴の治療はこれと決まっているわけではないので、音楽療法だけに拘るのではなく同時にサプリメントの摂取も適しています。

 

サプリメントは医薬品ではないので、難聴を完治させられるわけではありません。

 

それでも、聴神経を促す栄養素や成分が豊富に含まれており、身体の内側から耳のトラブルを解消できるように促せるのです。

 

当サイトでは高齢者から高く評価されている美聴泉(びちょうせん)をご紹介しており、医薬品の副作用で悩んでいる方も一度飲んでみてください。

 

 

>>> 難聴や耳鳴りのトラブルに悩む方はコチラ

 

 

 

 


「難聴の対策」に関するページ