難聴と断食

 

 

難聴と断食について

一定期間に渡って食事を絶つことを断食と呼び、美容や健康を考える女性で試したことがある方はいらっしゃるはずです。

 

食事を絶つということで余計なものをお腹に入れる必要性がなくなり、正しい方法で続けていればダイエットにも繋がるので、女性に人気が高い美容法だと説明できます。

 

現代人では栄養不足よりも、栄養過多で身体を傷付けているケースが多く、食生活の欧米化によって肥満傾向の方が増え、難聴を患うリスクを自分から高めているのです。

 

肥満と難聴には関係性がないと考えるかもしれませんが、正常な状態よりも太りすぎることで炎症が促進され、聞こえのトラブルに発展しやすいことが分かっております。

 

断食を一定期間に渡って続ければ、余分な脂肪が排出されて身体の不調和が改善され、身体の内側から健康的な状態になれるので、難聴の改善に適していると考えられているのかもしれません。

 

難聴は完治が難しく、加齢による老人性難聴であれば回復の見込みはないかもしれませんが、生活習慣に気を配ることで聴力が衰えるスピードを遅くすることはできます。

 

少しでも他人とコミュニケーションをとれる状態であれば、ストレスを溜め込まずに済みますし、聴力が完全に衰えなければ補聴器といった器具も使えるのです。

 

そのため、「年齢のせいだから難聴は仕方ない」と諦めるのではなく、できる限りの努力を行った方が良いので、断食はその一つの選択肢なのではないでしょうか。

 

それに、断食で難聴の症状に特に変化がなかったとしても、健康的な身体の維持に繋がるので、様々な病気の予防に繋がります。

 

上記でご説明した体脂肪の排出だけではなく、「内臓を休ませて消化吸収を促進できる」「体内の毒素を排出する」「免疫力が増す」という効能が得られるのです。

 

私たちは食べ物や飲み物を摂取しており、体内に入ったものを内臓が消化し、寝ている最中も絶え間なく働き続けております。

 

そのような状態で間食をしていると内臓が休む暇がなく、疲れ果ててしまって機能低下を引き起こすかもしれないので、断食で消化器系に休養を与えるべきです。

 

たった1日の断食でも消化器系を休めてあげれば、翌日は心身の爽快感を得られるはずですし、免疫力も同時に増すので様々な病気の予防に繋がることは間違いありません。

 

以上のように、難聴や耳鳴りの症状に変化がなくても、正しい方法で断食を行うメリットはたくさんあるので、インターネットや本で予備知識を深めてみてください。

 

 

 

 


「難聴の対策」に関するページ