難聴の予防にマッサージが良い理由

 

 

難聴の予防にマッサージが良い理由をチェック!

難聴や耳鳴りなど耳の機能と深く関わっている症状を予防するに当たり、マッサージが良いと考えられています。

 

マッサージと聞き、「肩こりを和らげる処置なのでは?」「むくみを改善する方法なのでは?」とイメージしている人はいませんか?

 

しかし、首付近などリンパが通っている部分のマッサージは難聴の予防や対策にピッタリで、具体的な理由について見ていきましょう。

 

@顔や首付近の筋肉を解すマッサージを行う

A筋肉の緊張が緩和されて血行が促進される

B血液とリンパの両方がスムーズに流れやすくなる

C筋肉の中でも耳の奥の内耳まで伸びている胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)を解せる

D耳の調子が少しずつ良くなって耳鳴りや難聴の予防に繋がる

 

医薬品を使った治療のような効果は得ることができないものの、日々の生活の中で積極的にマッサージを行っていれば血行不良による血液やリンパ液の滞りを改善できます。

 

現代人の多くは不規則な生活習慣によって血行不良に陥っているケースが多く、実は「耳鳴り」「難聴」「めまい」といった全ての症状の原因なんです。

 

血流障害は身体の一部分に限った話ではなく全身性の症状ですので、当然のように脳や耳へと流れる血液も滞ります。

 

そんな状態が続けば本来の正常な働きは発揮できないので、難聴や耳鳴りなど不快な症状に繋がる理由はお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

・糖分や脂肪分を毎日の食生活で過剰に摂取している

・冷え性の症状が悪化している(夏場でも手足が冷える)

・鉄分不足による貧血やめまいの症状が出やすい

・精神的なストレスで自律神経の働きが乱れている

 

上記に該当する人は血行不良が引き起こされている可能性が高いので、耳のコンディションを促すためにも積極的にマッサージを行ってみてください。


難聴を予防するマッサージの正しいやり方は?

「難聴を予防するには○○○○のマッサージを行うべき」とは明確に決められていません。

 

あくまでも対処療法の一つですし、マッサージで血流を促すことができても100%確実に難聴を治療するのは不可能なのが理由ですね。

 

しかし、これ以上耳鳴りや難聴の症状が悪化しないように、セルフケアとして取り入れる価値は十分にあります。

 

リンパマッサージが引き金となって耳鳴りや難聴の症状が更に加速するような心配はないので、正しいやり方や手順について見ていきましょう。

 

@入浴中など副交感神経が優位でリラックスした状態にマッサージを行う

A耳の後ろや周りを両手を使ってつまむような感じで指圧する

B次に両手をチョキの形にして人差し指と中指の間に耳を挟み込む

C耳の下付近を中指と人差し指で解したり力を入れたりする

D最後にリンパが心臓に流れ込む鎖骨リンパ節と頸部リンパ節を指で刺激する

 

特別な器具やグッズを使うことなく、普段の生活で気軽に取り組めるのがメリットですね。

 

難聴に対して劇的な変化は得られないものの、耳の機能を促すためにも空いている時間にリンパマッサージを軽く行ってみてください。


マッサージとサプリメントの併用は難聴や耳鳴りの予防に効果的!

難聴や耳鳴りは自力での改善が難しく、「何をやっても変化がない」という方は少なくありません。

 

短期間で解消するのは難しい症状ですので、マッサージとサプリメントの併用が効果的です。

 

マッサージを行って身体の外側から血液やリンパの流れを促してしっかりと働くように機能させ、同時に耳のトラブルに良い栄養素をサプリメントで摂取していれば内側からの体質改善もできます。

 

「どんなサプリメントや健康食品を摂取すれば良いの?」と悩んでいる高齢者には、4種類の天然成分がバランス良く配合された美聴泉(びちょうせん)がおすすめです。

 

「20年間もの悩みがスッキリしました」「聴こえのトラブルが以前と比べて大分良くなりました」と高い評価を獲得しているサプリメントですので、マッサージと美聴泉(びちょうせん)を併用して難聴の症状を和らげていきましょう。

 

 

>>> 難聴や耳鳴りのトラブルに悩む方はコチラ

 

 

 

 


「難聴の対策」に関するページ