難聴のトレーニング

 

 

難聴のトレーニングについて

難聴を改善するにはどのようなトレーニングを行えば良いのか、悩んでいる高齢者の方はいらっしゃいます。

 

老化によって耳が聞こえにくくなるのは自然現象ですし、誰にでも引き起こされる可能性があるのですが、いざ自分がその立場に立ってみるとショックを受けるはずです。

 

今までは普通に家族と会話ができていたのにも関わらず、老人性難聴によって聞き返すことが多くなったり、相手の話が理解できなかったりと、日常生活に支障が出ることもあります。

 

そこで、このページでは難聴を患っている方がどのようなトレーニングを行えば良いのか記載しているので、少しでも症状の回復を目指すために試してみてください。


高音質イヤホンのインコアを使用しよう

高音質イヤホンのインコアで音楽を聞くトレーニングを行うことにより、難聴の方の聴力を改善することができます。

 

インコアの聴力トレーニングを行うことで、耳を密閉した状態にして活性化させ、本来の耳の力を取り戻すように促してくれるのです。

 

あらかじめ耳に流すフラットな音は決まっており、適切な音量を使って1日に2時間以上のトレーニングを行うことで、だんだんと音が聞こえるようになります。

 

「音楽を聞くだけで難聴が治るわけがない」と考えている方はいらっしゃいますが、何人もの方の検証結果が出ており、公式サイトでそのデータを閲覧できるのです。

 

実際に音楽を使った難聴の治療は医療機関でも取り入れられておりますし、絶対に効果がないとは言い切れないので、インコアの聴力トレーニングは試す価値が大いにあるのではないでしょうか。


「難聴」聞こえがクリアになるCDブック

Amazonで販売されている本の一つが『「難聴」聞こえがクリアになるCDブック』で、自宅で行えるトレーニングについて解説されております。

 

現代医療では難聴の治療は困難と言われているものの、聴覚トレーニングを行うことで、完全に回復させることはできなくても、今現在よりも良くすることは十分にできるのです。

 

実際に「耳閉感が取れた」「耳鳴りが落ち着いた」という体験手記も満載なので、読んでみる価値は十分にあります。


難聴に効くCDブック-1日15分聴くだけの聴覚トレーニング

『難聴に効くCDブック-1日15分聴くだけの聴覚トレーニング』も上記と同じように、Amazonで販売されている有名な本となっております。

 

耳鼻科医が考案した残響音や動く音といった特殊音が収録されており、それを毎日聞くことで聴覚器と脳を刺激できるのです。

 

個人によって向き不向きはあるものの、円滑なコミュニケーションを図るために、少しでも聴力を回復させる努力を行わなければなりません。

 

 

 

 


「難聴の対策」に関するページ