難聴とウォーキング

 

 

難聴とウォーキングについて

「健康に良いものは何か?」という質問をされて、運動と答える方は多いはずですし、健康のために毎朝ウォーキングをしている高齢者の方はいらっしゃるはずです。

 

実は、ウォーキングで適度に身体を動かすことにより、難聴や耳鳴りの症状を改善できると言われており、積極的に行った方が良い運動だと説明できます。

 

加齢によって生じる老人性難聴の場合、老化現象の一つとして引き起こされている症状なので、ウォーキングを行っても特に変化がないということはあるかもしれません。

 

しかし、症状が軽度であれば、ストレス解消効果や疲労回復効果がウォーキングで得られるため、難聴の症状が改善されたり、症状の進行スピードを遅くしたりできるのです。

 

仮に、耳鼻咽喉科で難聴の治療をしていたとしても、積極的な運動を医師に止められるはずがありませんし、治癒効果が更に高まる可能性も十分にあります。

 

ストレスによって自律神経に乱れが生じたり、不安障害といった心の病気が原因で難聴や耳鳴りといった症状に悩まされている方は多いので、リフレッシュを心掛けるためにもウォーキングを行った方が良いでしょう。

 

とは言え、ただ歩けば健康効果を促せるというわけではなく、正しい歩き方でウォーキングをしなければならないということを頭に入れておくべきです。

 

そこで、歩き方のポイントとしては、「肘を軽く曲げて大股で歩く」「最初はゆっくり歩く」「途中からスピードを上げてだんだんと元に戻す」という3つが挙げられます。

 

「健康のためにしっかりと運動をしよう」ということで、2時間も3時間も歩こうと考えている方はいらっしゃいますが、運動不足の方がいきなり激しいジョギングを行うと、かえって筋肉疲労を残しやすいので注意が必要です。

 

「長距離を歩けば良い」「長時間に渡って歩けば良い」という単純なものではないので、40分間〜50分間程度を目安にするのが良いかもしれません。

 

特に、高齢者の方が難聴の症状を和らげるためにウォーキングを行う際、最初は40分間でも疲れてしまうかもしれないので、ご自分の体調を考慮して20分間程度の短い時間から始めた方が良い場合もあります。

 

また、もう少し身体を動かしたいというのであれば、エアロビクスや自転車型トレーニング機器といった有酸素運動が適しており、健康を促せることは間違いないです。

 

ただし、いきなり無理をしては身体が疲れてしまいますし、何よりも長期的に続けるということが大事なので、ゆっくりと運動の時間を増やしていくようにしてください。

 

 

 

 


「難聴の対策」に関するページ