難聴の予防

 

 

難聴の予防について

「難聴は老化によって引き起こされる現象だから予防はできない」と考えている方がいらっしゃるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

普段の生活で難聴を予防することはできますし、既に音が聞き取りにくくなっている方でも、症状の進行スピードを和らげることは十分に可能です。

 

そこで、このページでは難聴の症状を進行させないために、どのような予防法を行えば良いのか記しているので、是非実践してみてください。


美聴泉(びちょうせん)で難聴を予防しよう

このサイトでご紹介しているサプリメントの美聴泉(びちょうせん)は、難聴や耳鳴りといった聞こえのトラブルの予防が期待できます。

 

自然が育んだ植物性の成分がこのサプリメントの中には含まれており、錠剤を摂取するだけで体内に取り入れられるのです。

 

めまいといった身体症状にも効き目のあるサプリメントなので、回転性のめまいや吐き気といった症状が引き起こされるメニエール病の予防に適しているかもしれません。

 

難聴の治療効果を得られるわけではありませんが、快適な生活のサポートにはなるはずなので、10,800円というお手頃な価格で販売されている美聴泉(びちょうせん)を試してみてください。

 

 

>>> 難聴や耳鳴りのトラブルに悩む方はコチラ


耳栓を使って難聴を予防しよう

誰でも起こり得る可能性が高い難聴が騒音性難聴で、80dB以上の大きな音を長期間に渡って聞き続けることにより、音を認識するために欠かせない有毛細胞が損傷し、周りの音が聞き取りにくくなってしまいます。

 

若者でも患う可能性があるのがこの騒音性難聴で、予防するために耳栓を使ってみましょう。

 

大きな音が耳に入ってくることが原因で騒音性難聴は生じるので、耳栓を使ってダメージを防いでいれば予防に繋がるということはお分かり頂けるはずです。

 

工事現場やパチンコ店といった大きな音が鳴り響く環境で長期的に働いている方ほど、この種類の難聴に悩まされやすいので、上手く耳栓を活用する必要があります。

 

とは言え、接客業の方はお客様と接している最中に耳栓を使うことができないかもしれませんし、音が聞こえにくいせいで危険な場面に晒されることがあるかもしれません。

 

そのような時は、仕事の休憩時間に耳栓をして酷使した耳を休ませてあげたり、ノイズキャンセリング機能のイヤホンを使ってダメージを極力減らすべきです。


食べ物で難聴を予防しよう

毎日の食生活でバランスの取れた栄養素を食べ物から摂取するのは、難聴の効果的な予防法の一つとなっております。

 

耳を酷使し過ぎないことも重要ですが、血液の流れが悪くなると難聴の症状が進行しやすいので、十分な栄養素を毎日の食生活で取り入れるべきです。

 

血液の循環を促す食べ物としては、ビタミンEが含まれたうなぎやカツオが挙げられ、末梢神経の働きに欠かせないビタミンB12も大事なので、レバーや牡蠣といった食材を食べるようにしましょう。

 

効果的な栄養分の摂取では、本当に難聴の予防ができているのか疑問を覚えるかもしれませんが、健康維持のためにも欠かせないポイントだということはお分かり頂けるはずです。


ヘッドホン難聴を予防しよう

小型のミュージックプレーヤーが現代では普及しており、ヘッドホンやイヤホンといった器具を使用し、自宅でも外出中でも私たちは気軽に音楽を聞けるようになりました。

 

しかし、外出中では周りの音によって上手く音楽が聞こえないケースがあり、知らず知らずのうちにボリュームを上げているという方も多いはずです。

 

大きな音で継続的に音を聞き続けていると、騒音性難聴の大きな原因となり、「耳の奥に痛みを感じる」「日に日に音量が小さくなっていくように感じる」という症状に悩まされます。

 

若者でも騒音性難聴を患うケースは十分にあるので、意識的にヘッドホン難聴を予防しなければならないのです。

 

「適切な音量で聞く」「長時間に渡ってヘッドホンやイヤホンを装着しない」「耳が詰まったような感じがしたら直ぐに外す」という予防を心掛けていれば、難聴に発展することはありません。

 

 

 

 


「難聴の対策」に関するページ