難聴とヨガ

 

 

難聴とヨガについて

身体や心、魂を結び付ける健康法のことをヨガと言い、インダス文明で生まれたこのヨガは、快適で安定した心を作れるということで、女性の間で流行っております。

 

疲労回復効果が得られるヨガのポーズを行うことにより、不安やイライラした気持ちを静められるだけではなく、実は難聴や耳鳴りといった不快な症状の緩和にも繋がるのです。

 

美容や治療的な効果はヨガの一部の効用であり、本来は自然を保つ方法と回復する方法の2種類が得られると説かれております。

 

難聴を完治させられる方法というわけではありませんが、軽く身体を動かすことで新陳代謝は良くなりますし、耳周辺の血行が良くなれば耳鳴りといった症状を和らげることはできるでしょう。

 

しかも、現在ではヨガのポーズが紹介されたDVDが数多く販売されており、空いた時間を利用して自宅で気軽に試せるところが大きなメリットなのです。

 

中でも、耳ヨガと呼ばれるものが難聴や耳鳴りに効き目があり、「耳を軽く揉んで息を吐く」→「耳を上に引っ張ってゆする」→「耳たぶを下に引っ張る」→「耳の穴に小指を入れて気持ちの良い速さでゆする」という流れで行われます。

 

耳を意識的に揺らすことで血液の流れが良くなり、老廃物が流れやすくなるため、難聴の症状に何かしらの変化が引き起こされることは間違いありません。

 

また、「首を左方向に曲げて息を深く吸う」→「右に曲げてゆっくりと吐き出す」→「首の付け根を軽く叩く」というヨガも、耳鳴りや難聴といった症状の回復に効き目があります。

 

短期間では変化が得られないとしても、ヨガは運動と同じように長期的に続けることで、だんだんと健康へと導いてくれるのです。

 

色々なポーズを行えば、耳のトラブルだけではなく、身体の柔軟性が増して骨と関節が鍛えられ、関節痛の予防に繋がります。

 

加齢によって関節をスムーズに動かすためのヒアルロン酸やコラーゲンは徐々に生成されにくくなり、その影響で痛みが引き起こされることも十分にあり得るので、関節痛を和らげるためにヨガのポーズを行うのは選択肢の一つなのです。

 

また、日常生活では絶対にしないようなポーズもヨガでは採用されており、筋力が向上して身体の歪みが改善され、バランスの良い美しい姿勢を保てるでしょう。

 

猫背のクセがついている方は全身の血行が悪くなっている可能性が高いですし、その影響で肩こりや首こりといった不快な症状に繋がってしまうので、特殊なポーズをとるヨガを積極的に実践してみてください。

 

 

 

 


「難聴の対策」に関するページ