運動による難聴の治療

 

 

運動による難聴の治療について

適度に身体を動かす運動は、血液の流れを促進して耳周辺の機能を回復させられますし、ストレスへと抵抗力も高まるということで、難聴の治療に適していると考えられております。

 

運動によって得られる爽快感はかなり大きく、ストレスを和らげることで突発性難聴の症状の緩和に繋がるのです。

 

運動不足の方は身体の機能が鈍っている可能性が非常に高いですし、難聴だけではなく健康維持のためにも身体を動かすことは大事なので、自分のペースに合わせた運動を心掛けた方が良いでしょう。

 

完治が見込めない突発性難聴を患っている方でも、運動による治療を始め、少しずつ症状が改善されていくケースは十分にあり得るので、生活習慣の見直しは欠かせないポイントの一つだと説明できます。

 

そもそも、運動不足の日々が長期間に渡って続いていると、内耳に存在している蝸牛が音を伝えるために欠かせないリンパが循環不良に陥りやすいので、当然のように難聴にも悪影響が引き起こされるというわけです。

 

もちろん、難聴を治療したいからといって、筋肉トレーニングのような激しい無酸素運動を行う必要はありません。

 

むしろ、突発性難聴を患った方は、鉄棒による回転や過激な首の運動は良くないと考えられているので、できる限り避ける必要があります。

 

運動不足の高齢者の方にとって筋肉トレーニングは困難ですが、ウォーキングや軽いジョギングといった有酸素運動であれば、身体への負担は少ないので続けられるはずです。

 

1日に30分間程度のウォーキングで、難聴への大きな治療効果が得られるかもしれないですし、気分をリフレッシュさせるためにも適しているので、毎日の生活の中に取り入れる価値は十分にあります。

 

ただし、突発性難聴の治療直後はめまいといった発作が引き起こされることがあり、平衡機能が直ぐに戻らないかもしれないので、運動をしている最中にふら付きやめまいが起こったらしばらく休むべきです。

 

それに、今まで運動不足に陥っていた方が、張り切りすぎると疲れが溜まるはずなので、徐々にペースアップを図るようにしましょう。

 

以上のように、運動による難聴の治療は、その他の病気の予防という点では優れており、身体を動かすことが少なくなった高齢者の方は、意識してウォーキングなどを行っていくべきです。

 

しかし、「運動をしなければ」という義務感だけでは三日坊主で終わってしまいますし、短期間の運動では大きな効果は得られないので、楽しんで運動をしていくことを心掛けてください。