ビタミンによる難聴の治療

 

 

ビタミンによる難聴の治療について

病院の検査でも原因が不明の突発性難聴の治療には、基本的にステロイド剤が処方されることが多いのですが、個人の症状によってはビタミン剤が処方される場合があります。

 

「ビタミンの摂取で難聴を治せるの?」という疑問を抱えている方は多いものの、中でもビタミンB12には神経系を正常にさせる作用があり、末梢神経の障害を回復させられるのです。

 

神経の働きが正常でないことで難聴や耳鳴りといった耳に関連する不快な病気や症状が引き起こされるケースは十分にあるので、ビタミンによる治療も積極的に行った方が良いかもしれません。

 

もちろん、ビタミンを摂取しているだけで、難聴や耳鳴りがみるみるうちに回復していくわけではないですし、人によっては特に症状に変化が見られないということもあり得ます。

 

それでも、感覚細胞や聴覚神経の衰えを防ぐという効能をビタミンB12は持ち合わせているので、医師からビタミン剤を処方された場合は、用法と用量に気をつけて服用して治療を進めるべきです。

 

もちろん、普段の食事でビタミンB12を摂取していれば、難聴の予防に繋がることは間違いないので、レバーや豚肉、ニシンやイワシといった食べ物を食べるようにしましょう。

 

ステロイド剤やブロック注射といった治療方法を実践するにしても、毎日の食生活でこの栄養素を摂取するように心掛けていれば、回復のサポートをしてくれることは間違いないです。

 

ただし、突発性難聴の場合は、どのような治療を施すにしても、症状を放置すればするほど効果が薄くなり、聴力が回復しないという事態もあり得るので、違和感を感じたら早めに病院を受診する必要があります。

 

また、他のビタミンも難聴や耳鳴りの回復を助けてくれるので、脳の中枢神経や末梢神経を正常に保ち、疲労回復効果もあるビタミンB1や、脂質の代謝を促進して老化に効き目のある栄養素だと言われているビタミンB2も意識的に取り入れた方が良いかもしれません。

 

ビタミンB1は大豆や胡麻といった健康効果の高い食べ物の中に含まれておりますし、ビタミンB2はレバーやチーズといった食品から取り入れるべきです。

 

以上のように、ビタミンが難聴や耳鳴りの治療と大きく関係しているということが、お分かり頂けたのではないでしょうか。

 

他にも、ビンカマイナーやイチョウ葉エキスといった植物成分が、聞こえのトラブルに効き目があると考えられており、食品からの摂取は難しくても通販ではサプリメントが販売されております。

 

これらの成分がバランス良く含まれているのが、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)なので、高齢者の方は是非一度試してみてください。